【ICO】ZaifでCOMSAトークン(CMD)の取引が開始される!

ども!さとぴです!

COMSAのトークンセールが終わるといよいよCOMSAトークン(CMS)が配布されます。

みなさんCMSトークンの受け取りウォレットの準備はできていますか?

 

といっても別に特殊なウォレットは必要ありません。

Zaifの口座があれば全然問題ないです。

というのも、ZaifがCMSの取り扱い開始を予定しているからです!

 

COMSAトークンの受け取り方法

COMSAトークンの受け取り方法は2つあります。

1つ目が仮想通貨取引所Zaifで受け取る方法です。

もう一つが各種ウォレットで受け取る方法です。

受け取りが可能なウォレットは

  • Nano Wallet
  • MyEtherWallet

などのXEM mosaic、ETH ERC20が取り扱えるウォレットが必要とのことです。

 

なので、COMSAトークンをbitFlyerやCoincheckで購入した人は上記の口座を準備する必要があります。

ですが仮想通貨にまだ慣れていない人にはNano WalletやMyEtherWalletの開設はちょっとハードルが高いです。

というのも、Nano Walletは開設するのにデスクトップにダウンロードが必要ですし、MyEtherWalletも秘密鍵とかで管理する必要があるから。

なので、まだ仮想通貨のことがまだよくわかっていない人は無難にZaifの口座で受け取るのがいいでしょう。

 

CMSトークンをZaif口座で受け取るとお得?

COMSAもZaifも同じテックビューロという会社が運営しています。

なので、Zaifで受け取りをすると何かしらのメリットがあるとぼくは読んでいます。

ぼくがテックビューロの人なら、もちろんZaifで受け取る人を優遇します。

そして、Zaifでしかできないソリューションを提供します。

実際、COMSAのトークンセールではzaifトークンを持っている人は送金手数料がかからないなどの便宜が図られました。

せっかくなら少しでも多くのCMSトークンを受け取りたいですもんね。

詳細はまだ発表されていませんが、Zaif口座を持っていれば優遇される可能性は高いはず!

今、Zaifの口座の開設に時間がかかっています。早目に登録しておきましょう!

 

COMSAトークンの配布時期

トークンの配布の時期ですが11月中旬から11月末頃を予定しているとのことです。

ぼくは1100CMSくらいゲットしているので、楽しみです。

 

COMSAトークンはぜひZaifで受け取ろう

さきほども言いましたが、COMSAもZaifも同じテックビューロという会社が運営しています。

CMSトークンをZaifで受け取ると何かしらのメリットがあるのはほぼ間違いないと思います。

ぼくはもちろんZaifで全部受け取ります!

 

COMSAについてはこのブログで引き続き追っていきますのでお楽しみに!