【まとめ】新幹線に乗るならスマートEXが超おすすめ。メリットとデメリットを徹底紹介!

最近、出張が多くて新幹線によく乗ってます。

これまではきっぷをみどりの窓口で買って乗車していました。

スマートEXを知るまでは。

 

新幹線のきっぷを買うのにわざわざみどりの窓口に行くのってめんどくさいですよね。

あと、ふつうの電車はSuicaなどのICカードなのに新幹線はきっぷってのもめんどくさい。

 

スマートEXを使えばこういった問題を一気に解決してくれます。

スマートEXはウェブやスマホアプリ上で新幹線が予約できて、Suicaでらくらく乗車できちゃうのです。

この記事では新幹線をつかうすべての人に絶対つかってもらいたい神アプリ、スマートEXを紹介します!

新幹線の予約から乗車の流れに革命が起きた

スマートEXは新幹線の予約から乗車の流れをがらっと変えました。

これまでの流れ
  1. みどりの窓口できっぷを買う
  2. きっぷで新幹線に乗車
  3. 在来線に乗り換えたら現金等で料金を支払う

これまでは駅にある「みどりの窓口」と呼ばれるところまでわざわざ行かないと新幹線のきっぷが買えませんでした。

みどりの窓口に行かなくても確かにネット上できっぷの予約はできます。

しかし、結局はきっぷを駅で発行しなければいけないという手間がありました。

きっぷなので、ICカードとの互換性もなく乗り換え方がよくわからなかったりする問題もありました。

スマートEXはこれらの問題を一気に解決してくれます!

スマートEXを利用した場合の流れ
  1. スマートEXアプリで新幹線を予約・購入
  2. ICカードでそのまま乗車
  3. 在来線に乗り換えたらICカードで引き落とし

スマートEXはウェブ上で新幹線を予約して買うことができます。

そしてSuicaなどのICカードでそのまま乗車するだけ。

改札でピッとすれば「EXご利用票」がでてくるので、取りのがさないように気をつけてください。

 

スマートEXの登場で新幹線の乗車が超簡単になりました。

スマホアプリを入れておけばいつでもどこでも新幹線の予約ができるので、さっそく入れてみてください。

EXアプリ
EXアプリ
無料
posted with アプリーチ

対応しているICカード一覧

スマートEXはSuicaをはじめとしたさまざまなICカードに対応しています。

スマートEX対応ICカード一覧
  • Kitaca
  • PASMO
  • Suica
  • manaca
  • TOICA
  • PiTaPa
  • ICOCA
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA
こんな感じでJR系だけでなくメトロや西鉄のICカードにも対応しています!

お手持ちのICカードをスマートEX化させてスイスイ新幹線乗車を楽しんでください。

スマートEXのメリット

スマートEXにはメリットがたくさんあります。

メリット①:Apple PayやモバイルSuicaにも対応

ICカードで乗車というのは序章にすぎません。

なんとApple PayやモバイルSuicaにも対応しているので、これらが利用できるスマホを持っていればもうICカードさえ必要ありません。

スマホひとつで新幹線に乗れるのです!

スマホのバッテリーがなくならないように注意してください。

メリット②:予約変更は何度でもできて手数料も無料

発車時刻までは予約変更は何度でもできます。

しかも変更の手数料は無料です。

ただ、当たり前ですが東京-京都間で購入していたものを東京-新大阪間に変更したら京都-新大阪間分の支払いが増えることになります。

メリット③:きっぷより200円やすい料金

きっぷで買うよりも200円やすい料金設定になっています。

地味にうれしい!

メリット④:領収書をwebから印刷することができる

ぼくは一度みどりの窓口で領収書を発行し忘れて自腹で新幹線代をはらったことがあります。

新幹線代の自腹はサラリーマンには痛すぎる・・・

ですが、スマートEXを使えば領収書の取り忘れなんてのは今後起きなくなります。

領収書をwebからダウンロードすることができるのです。

これを証ひょうとして提出OK!

これで領収書を取り忘れて経費に申請できなかったなんてことは起こらなくなります。

ありがたや~。

メリット⑤:キャンセル料がお得

新幹線を予約してもキャンセルすることもあるかと思います。

その際、きっぷの場合はキャンセル料として前日・当日払戻手数料 1,710円(特急料金の30%)+乗車券220円がかかります。

スマートEXは一律310円とお得。

急なキャンセルがあっても負担が少なくて済みます。

スマートEXのデメリット

スマートEXはかなり便利なのですが、もちろんデメリットもあります。

デメリット①:市内までの料金じゃないのでちょっと損する

紙のきっぷだったら「都区内」とか「山手線内」というふうに書いてあります。

「山手線内」だったら文字どおり山手線内までそのきっぷで乗ることができます。

しかし、スマートEXを使うと新幹線の駅までしか乗ることができません。

例えば品川で新幹線を降りて、そのまま新宿に行った場合

きっぷ:料金はからない。
スマートEX:品川-新宿間の料金194円がかかる。

こんな感じでちょっとだけ損します。

デメリット②:乗車駅の融通がきかない

スマートEXで東京-新大阪間を予約したとします。

でも東京じゃなくて品川から乗っちゃう時もあると思います。

でも、この場合スマートEXは融通がきかないので品川駅の改札を通れないのです。。。

なんでやねん!

デメリット③:東海道新幹線でしか利用できない

群馬県の高崎に出張した時、帰りにいつもどおりスマートEXで予約しようと思ったらできませんでした。

というのもスマートEXは東海道新幹線(東京~博多間)でしか使えないのです。

北陸地方や東北地方に行く機会が多い方にはまったく役に立ちません。

(行きは北千住から特急に乗って太田にいったので、スマートEXが使えないことに気づきませんでした。)

デメリット④:深夜になるとアプリから予約できない

23時30分から翌朝5時30分の間はアプリから予約ができません。

なので、この時間帯はウェブ上から予約する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スマートEX超便利でしょ?

スマートEXさえあればスマホ上で新幹線を予約・購入してICカードで乗車するだけ。

Apple Payが使えるiPhoneがあればICカードさえ不要です。

超シンプル!

スマートEXでらくちん新幹線ライフをお楽しみください。