【実録】東京メトロ東西線の地獄の通勤ラッシュは電車の窓が割れるレベル

ども。満員電車乗りたくない系ブロガーのさとぴ(@satopi0630)です。

みなさんは東京メトロ東西線をご存知でしょうか?
西は中野、東は西船橋と東京を横断する路線になり、主に千葉方面に住んでいる方が都心に通勤するのに利用する路線です。

上京してきた当時、ぼくは東京メトロ東西線の葛西駅から徒歩10分のところに住んでいました。
勤務先は東西線の飯田橋駅。葛西からだと26分くらいです。

 

 

8時2分の電車に乗ると、8時28分には飯田橋駅に到着する

 

 

 

 

 

 

 

とでも思ったか?

 

この記事では東西線の地獄の通勤ラッシュがどんなものかご紹介します。
総武線ユーザーは「は?総武線も負けてねーし!」みたいな変なライバル心を燃やすかもしれませんね。

 

定時運行?なにそれおいしいの?

東西線を舐めてもらっては困ります。
ぶっちゃけ、朝のラッシュの時間帯(7:50~8:50)は電車の時間を確認してもムダ!

朝のラッシュ時の東西線に定時運行の概念は存在しません。

いや、ほんとに冗談抜きで。
たとえ8:02に電車に乗ったとしても、それは8:02発の電車ではありません。
間違いなく駅の電光掲示板には7:57とか書いています。

本数が多いから定時運行していると錯覚しているだけ!

で、飯田橋に到着するときには10分は遅れます。余裕で。
10分の遅れの原因は、「電車の感覚が詰まっている」がほとんどです。

これで入社初日からいきなり遅刻をぶちかましてやりました。

東西線を利用する際は時間に余裕をもって行動することをおすすめします。

 

圧倒的な人!人!!そして人!!!

西船橋からスタートした電車は都心に向かうにつれ、混雑を増していきます。
葛西→西葛西→南砂町→東陽町→木場とここまで人が延々乗り続け、この区間で下車する人はほとんどいません。
そして木場→門前仲町の区間でピークに達します。

ピーク時の人の多さは、背の低い人が呼吸できなくて死んでもおかしくないくらいの激混みです。

混みすぎて電車の窓が割れたとかいう話がありますが、それくらいのレベルで混んでます。
完全に人が乗る物ではないですね。

【ピーク時(木場駅~門前仲町間)の東西線あるある】
・荷物が余裕で浮く
・電車の窓が割れる
・乗客の立ち方がジョジョっぽくなる
・木場駅になると、あと一駅でピークが終わると思って逆に心が落ち着く

なので、物理的なピークは木場→門前仲町ですが、心理的なピークは東陽町→木場になります。

 

カオスな混雑率

東西線の混雑率の高さは日本最高峰レベルです。

まずは国土交通省が定める混雑率をご紹介。

  • 混雑率100%:定員乗車(座席につくか吊革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる)。
  • 混雑率150%:広げて楽に新聞を読める
  • 混雑率180%:折りたたむなど無理をすれば新聞を読める。
  • 混雑率200%:体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める。
  • 混雑率250%:電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない。

 

で、東西線の混雑率は・・・

 

 

199%

 

 

 

はあ?

国土交通省舐めてんのか?

週刊誌とか読めるわけねーだろ!

 

 

どう考えても250%だろうが!!!

 

出典:国土交通省

 

この図みたいにみんな別方向向いてたらまだまし。
現実は、おっさんの顔が目の前に現れる。これが本当の地獄ってやつ。
ただ目を閉じ、般若心経を唱えながら目的地につくのを待つしかないです。

もし、かわいい女のコと密着しても変な気を起こしたらダメですよ!絶対に!

痴漢は犯罪です。ガチで捕まります。

 

東西線沿線は住むべきじゃない

東西線の地獄っぷりが伝わりましたでしょうか?
満員電車は通勤するだけで疲れるし、電車に乗っている間はスマホ見たりとかほとんでできない、非生産的な時間になります。
東西線沿線に住むのは完全に人生の無駄と言えるでしょう。

ただ、一度この地獄の通勤ラッシュを味わうと他の路線に乗った時に「なんだ、この程度か。東西線はもっと上だったぜ?」という謎の優越感に浸れます。

ぼくはいま引っ越して混雑率180%くらいの路線を使っているのですが、本当にイージーに感じます。
引っ越して本当に良かったです。

東西線沿線に住んでいる人は今すぐ引っ越しするのをおすすめします。
東西線沿線に住もうと思っている人は再考するのをおすすめします。