【対談】プロ奢ラレヤー×プロ無職るってぃのVoicy対談を文字起こししてみた!

ども!さとぴです!

最近ツイッタランドで話題のプロ奢ラレヤーさん(@taichinakaj)が、Voicyでプロ無職るってぃさんと対談しました。

プロ奢とプロ無職の夢の競演が遠くバンコクの地で実現!

これは聞くしかない!!!

 

というわけで、プロ奢とプロ無職の対談を簡単に文字起こしして編集をしてみました。

目次はVoicyの章と同じタイトルにしています。

対談には21世紀の新しい生き方のヒントがぎっしり詰まっていました。

 

元ネタのvoicyはこちら→#9 プロの無職!?いまの時代の生き方!!

「プロ無職」は、なにやってるの?

るってぃ

・twitterで反応見て、いいねとかRTあったものを深堀ってアウトプットしていく。

・自分が感じたことを適切な媒体(ブログ、youtube、インスタ)で届ける。

・ブログで金稼ぐのがめんどい。くっだらないおもしろい企画を2018年はやりたい!てかそれしかやりたくない!

・そのために個人スポンサー取ってやってる。

・自分のこういう生き方を発信して、ロールモデルにしたい。クリエイターさんのロールモデル。

 

ぷろおご

・クラファンは企画するのが大変。ハードルが高い。

・だからツイッターで「なんもしないけど俺のスポンサーになれ」って言ってオークションさせてお金を集める。

・最悪2円でもいい。それもネタになっていい。

これからのお金の稼ぎ方

るってぃ

・ぷろおごがvoicyを配信するとフォロワーが勝手に図解してくれる。

 

ぷろおご

・俺が働かなくても勝手に図解をやってくれる。

 

るってぃ

・フォロワーも自発的にやることがアウトプットになるし、ぷろおごが拡散してくれてフォロワーやpvが増える。

・ただ働きに見えてただ働きではない。

 

ぷろおご

・voicyを文字起こししてくれる人にはてなブログでやるようお願いしている。そうするとSEOで流れてvoicyに飛んでくれる。

・そうするとぷろおご=フォロワー増える。文字起こしした人=読者やお金が増える。

 

るってぃ

・作り手が100%作るのではなく、読者と作るのがクラファンっぽい。

 

ぷろおご

・ブログは一方通行っぽいよね。

 

るってぃ

・ホリエモンのマッハ新書。

・こういう対談をサロンメンバーが作っている。

・プロおごがやっているのも今っぽい。

 

ぷろおご

・ホリエモンのメルマガを今っぽくするのはむずかしい。

・でも俺は自由にやれる。メルマガ無料にするよ!みたいなのやっても許される。

・noteを無料にしたり有料にしている。

 

るってぃ

・noteを無料にしたり有料にしても怒られないキャラなのがすごい。

 

ぷろおご

・例えばスポンサーも自分が自由にやるのを嫌だっていう人を周りにおかない。

 

るってぃ

・自由にやらせてもらってるからこそ、スポンサーに還元しようと思うし、自然に面白いことができる。

・スポンサーも応援してくれているけど、いい意味で期待してない。常に最悪を想定。

 

ぷろおご

・お金は苦労せずに入ってくるからぽんぽん使っちゃう。

・今日泊めてくれた人もプール付きの家で仕事辞めたらどんどんお金が入ってくるようになった。そのお金で事業やったらどんどんお金が入ってくるようになったみたい。

・そういう人の投げ銭をゲームみたいに使う。ゲームみたいに使うとお金が増える。それで増えたお金を自分も投げる。こういう人は潤ってる。

るってぃ

・世の中お金が余っている場所にいけば、めっちゃ余ってる。

・みんなお金が余ってない場所で頑張っている。

 

ぷろおご

・みんな移動しない。ひとつの会社にいるとそれが社会のすべてになる。

・移動しないと見えないことがある。バンコク行けばバンコクでしか見れないこともあるし面白い情報がある。物理的にもコミュニティ的にも移動したほうがいい。

「ヒマ」の資産的な価値

ぷろおご

・お金の流れを計算してない。

・飯おごってもらって泊まれるところがあればお金を数えない。生活コストを0にできる。

・ブログはやればやるほど増える(生産することが前提)。なので生産時間や気持ちの余裕が必要。

・それを俺は天然でやってる。金がなくても余裕がある。

・ほとんどの人は自分が月いくら生活に必要なのかを計算していない。これがぼくと違うところ。

・バンコク行けば月5万で生きられる。それだったらコンビニで朝6:00~9:00のバイトを週に何回かやればいい。

・こんなのは会社員からしたら天国。朝の暇な時間のバイトでぼーっとしてたらお金もらえる。

・こういう生活ができるのが伝わらない。みんな謎の心配をしている。

・昔100万円もらったからバンコクの往復券を配った。バンコクに来た人は本当に月5万で生きられることを感じていた。体験させるのが大事。

・ブロガーが実際にバンコクすんでブログ書ければ収入増える。そしてらヨーロッパにでも住める。

・プロ無職の一番価値ある部分は暇があるところ。

 

るってぃ

・俺もヒマだからタイに来た。

 

ぷろおご

・暇じゃない人はみんなが暇じゃない時にしか予定が取れない。

・暇じゃない時=夏休みとかになる。それだと通常時より航空券が高くなる。=いっぱい金払うことになる。

・暇だといつでも行けるからお金かからない。

・ぼくのツイキャスはライブ配信だからヒマじゃないと見れない。ヒマだとツイキャス見て大事なこと(月5万で生きれるという人生変わる情報)をキャッチできる。

・ヒマな人はそれだけで価値が高い

 

るってぃ

・暇はコスト低い

 

ぷろおご

・スケジュール組むことのランニングコストやばい

・スケジュールの余白が大事

・仕事辞めるのが怖い理由はお金がもらえなくなることじゃなくて、ヒマになることだと多くの人が思っている。

・暇になった時になにすればいいかわからないって人が多い。

 

るってぃ

・ほとんどの人は生産活動やってないよね。

 

ぷろおご

・ほとんど生産的なことを俺はやってない。voicyとかは消費。楽しいからやってる。映画を見たいから見るのと一緒。

・でもそれをうまくやると生産活動になっちゃって。voicy文字起こししてくれる人とかいるから。

リアル無職は、どうやって生きてるの?

ぷろおご

・別荘持っている人はお金払って掃除してもらっている。

・それを「掃除ただでやりますよ」って言うと、ただで泊まれる。

 

るってぃ

・うまくやれば家賃はかからない。

 

ぷろおご

・相手のおいしいところ、「ぼく毎日ただで掃除しますよ」って言うと相手は喜ぶし、こっちはただで住める。

・こういうちょっとした工夫が大事。

・ほかの例だと大学生カップルが同棲→別れる→2人住める部屋に1人だとスペース余ってもったいない→ぼく「一緒に住みますよ。ぼくと住むと飯作るし面白い話しますよ」→相手「お得感ある、話し相手いる。うれしい」→ぼく「ただで住めてうれしい」

・相手の心理をうまくつく、相手にメリットを提示する。

るってぃ

・下から「お金ないから泊めてください」じゃなくて、「相手の半分のスペースを使ってあげますよ」みたいな

ぷろおご

・姿勢の問題というかすべてがセールス。売り込み。俺面白いんで飯食わせてください!みたいな。

「無職」のロールモデル

るってぃ

・(ぷろおごのvoicyを文字起こしして拡散してもらってpv増えてお金が増えるなど)簡単に収入得たり成り上がる方法はインフルエンサーに乗っかること!

 

ぷろおご

・もっと抽象的に言うと仕事が余っている人が近くにいること。例えば、めちゃくちゃ仕事がある人の周りにやりたい人がいたら投げられる。そうしたらその人はそれで食っていける。だから、いかにもらうかが大事。インフルエンサーにはりつく。

 

るってぃ

・多くの人はプライドが高かったり、忙しかったりしてできない。

 

ぷろおご

・仕事が余っている人にくっついていくことは誰でもできる。

・自分に合っていない能力を磨いても、狂ったようにやっている人には勝てない。

・自分に合っているものを探すために、まずはやってみる。やってみくなかで合ってないあってるというのを理解すれば、勝手に進んでいく。

 

るってぃ

・手あたり次第やって違うと思ったらやめて、また違うもの見つけて最大限はまっていくもの見つけて伸ばしていく。

 

ぷろおご

・再現性の高さを求めてもダメ。再現性の無さ(自分に向いていることやオリジナリティ)を求めること。

・ロールモデルにある程度合わせていって、そこから自分しかできない再現性の低いことを乗っけないとやっていけない。→再現性の高いもの=「型」、それに再現性の低いもの=「自分にしかできないこと」を乗っける。

・まずは再現性の高いものをぶっこんで、再現性の低いものを見つけていく。だからまずは再現性の高いものを追求する。

「みんなと同じレールを走る」ことのコスト

ぷろおご

・移動生活する中でも、朝12時チェックアウトの宿しか泊まらない。かならず2泊するという自分ルールを決める。決めておくとそれをやるコストがどんどん下がってくる。ここでいうコストとは、しんどいとかめんどくさい。コストを下げるためには、いかにみんながやってないことをやっていくか。

・日本人は「みんなと同じ教」。それはしんどいよね。

・ほかの人と違う人に「なんだあいつ」って言うやつはだいたい「みんなと同じ教」。ほかの例だと、格安SIMにしましょうという人は三大キャリアの人に叩かれる。みたいな。

・例みたいにみんなと同じことやっている人はめちゃくちゃコストを払ってる。

・家賃とか飯代とか生活コストはみんなと同じこと(賃貸マンションに住む、お金払ってご飯を食べる)すると高い。実際俺はみんなと違うことをしている(人の家に泊まる、飯おごってもらう)からコストが低い。

・プライド高い人は本気で生産しないとつらい・・・ベンツに乗り続けるとか高級マンションに住むとか。だからよっぽど実力高くないとプライド買えない。

 

るってぃ

・NYでダンスしていて日本で就活失敗しても、最悪NYでストリートダンスで生きて行けるじゃんっていうのを感じた。

 

ぷろおご

・バンコク行けば月5万で生きていけるといった最悪の場合どうすればいいのかっていうのが頭にあると、割と何でもできちゃうんだよね。

 

るってぃ

・だから炎上して日本から出てけってなっても俺は大丈夫!

・そういう逃げ道を用意しておけば余裕ができて日本でリスクのできる行動ができる。その繰り返し!

・根拠のない自信のあるやつは強い!

 

ぷろおご

・根拠の無い自信の正体はバンコク行けばあれば月5万で生きれるしみたいなのをたくさんもっておくと、まあなんとかなるっしょみたいな感じになるのが正体。

・こういうのを知るために海外に住んだりする体験がめっちゃ大事。

・映画見ても人生変わんないけど、国変えて住んでみると意外といけんなっていうのがわかる!