お金持ちになりたい!そう思ったら読むべき本5選!

ども!さとぴです!

 

いきなりですが、お金ほしいですか?

もちろんほしいですよね!

では、いくらほしいか想像してみてください。

 

100万円?それとも1000万円?それとも1億円?

 

たくさんお金があったら、自分の好きなことができるし、仕事しなくていいし最高ですよね!

 

では、どうやってそのお金を生み出しましょうか?

 

・・・

 

・・・

 

ってなりますよね!

なんでこうなるかっていうと、お金の知識がないからです。

つまり、どうやったらお金持ちになる方法がわからないから。

お金持ちになるためにはお金に対する知識が必須です!

 

この記事では、お金持ちになるための知識・知見が得られる本をまとめてみました。

将来お金持ちになりたい人必見です!

金持ち父さん貧乏父さん / ロバート・キヨサキ

 

お金持ちになるための考え方や方法論を書いた世界的ベストセラー!

最初に読むべきお金の本になります。

まずはこの本を読んでください。

 

ぼくがこの本を読んだのは20歳くらいのころで、けっこう影響をうけました。

当時大学生だったぼくでも簡単に理解できる内容でした。

なんなら中学生でも理解できるくらいわかりやすいです。

 

内容としては、ハワイに住んでいる主人公が友達のお父さん(金持ち父さん)からお金持ちになるための教えを受けるもの。

・自分のビジネスを持つことが大事

・投資をしてお金に働かせる

といったことをわかりやすく解説してくれています。

 

お金持ちは自分で働かずにお金に働いてもらうという考え方にはすごく納得しました。

世の中のお金持ちは給料で儲かるのではなく、投資で儲かっていますもんね。

 

お金持ちになりたいという人必読!

ユダヤ人大富豪の教え / 本田健

 

累計100万部超えの大ベストセラー!

 

お金持ちって?

成功者って?

幸せって?

といったことをたくさんのエピソードをまじえて教えてくれる作品になります。

作者が学生時代に経験した実体験をベースに作られているので、かなり読み応えがあります。

お金の話なのに泣けます。感動します。

 

あらすじはこんな感じ。

「3日以内に1000人分の署名をもらう」「電球を1000個売る」など、数々の課題を乗り越えながら、お金持ちになるための心構えや手法を学んでいく。困難にぶつかったときに創造的なアイデアを出せるかどうか、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れられるかどうか、自由人と不自由人で異なる人生のルールを受け止められるかどうか…。含蓄に富んだ言葉は枚挙にいとまがない。こういった心構えのほかにも、セールスの秘訣やスピーチの極意、人脈作り、お金に関する知識など、成功に必要なノウハウにも、具体的に触れている。

 

お金持ちになるための”心構え(マインド)”を身に着けるために必読!

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 / 佐藤航陽

 

累計20万部超えのベストセラー!

敏腕編集者の箕輪厚介さん(@minowanoma)編集作品です。

 

お金“2.0”だけに、お金の価値観がアップデートされてきていることを気づかせてくれる一冊。

 

・資本主義というシステムは限界を迎え、新しい時代・価値主義に突入しようとしている。

・仮想通貨の出現により、国家やお金の境界線があいまいになって新しい経済圏が生まれる。

そんな時代が目の前に来ています!

 

お金や社会・世界がどう変わっていくのかという流れをつかむために必読!

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 / 橘玲

 

ZOZOの田端信太郎さん(@tabbata)推薦図書!

あらすじはこんな感じ。

自由な人生を誰もが願う。国、会社、家族に依存せず生きるには経済的独立すなわち十分な資産が必要だ。1億円の資産保有を経済的独立とすれば欧米や日本では特別な才は要らず勤勉と倹約それに共稼ぎで目標に到達する。黄金の羽根とは制度の歪みがもたらす幸運のこと。手に入れると大きな利益を得る。誰でもできる「人生の利益の最大化」とその方法。

 

会社員と個人事業主の格差がきれいに描かれています。

サラリーマンの人にはかなりショッキングな内容になっているので閲覧注意!

ホント会社員ってマジで搾取されまくってますよ!

 

逆に個人事業主は節税してめちゃくちゃいい生活しています!

また、家は持ち家と賃貸どっちがいいのか?保険って必要なの?といった、他のお金の本ではなかなか扱わない内容についての知見が得られます。

持ち家と賃貸どっちがいいのか論争はこの本を見れば一発でどっちがいいかわかります。

 

お金持ちになるためには、いかに税金を払わないかが超重要ってことを学べる本です。

インベスターZ / 三田紀房

 

マンガで投資のことが学べるインベスターZ。

作者はドラゴン桜でおなじみの三田紀房(みたのりふさ)。

 

道塾高校に通う財前孝史が『投資部』という生徒が運営する部活に入り、学校の運営資金を稼ぎだしていくストーリー。

ホリエモン、DMMの亀山会長、ZOZOの前澤社長など実在する人がちょこちょこ出てきます。

 

株、不動産、FX、保険、就活、店舗経営といった投資やビジネスについてたくさん触れられています。

作中には投資の格言がたくさんでてきます。

格言は「ハッ!」とさせられるものがたくさんあるので必見!

 

マンガなのでとっつきやすくておすすめです。

まとめ

お金についての勉強は日本の教育ではまったく学んできません。

でも、お金についての知識は人生の上でめちゃくちゃ大切です!

お金の勉強をして、うまく投資やビジネスをすることで人生はより豊かになります。

 

これまでずっとお金の話をしていたのに、いまさら何言ってんだ?って感じになりますが、最後にこれだけ言わせてください。

お金は大事ですが、お金がすべてじゃないです!

 

お金2.0にもありますが、『お金=信用を数値化したもの』です。

なので、信用さえあればお金がなくてもなんとかなります!

これからは信用持ち=お金持ちなので、信用もガッツリ稼いでいきましょう!