競馬場で声に出して言ってみたい玄人っぽい競馬用語まとめ

ども!さとぴです!

競馬場にいくと赤ペンを耳にかけたおっさんが

「差せ!差せ!」

と叫んでいるところをよく見かけますよね。

 

そんなワイルドなおじさんがたくさん集まる競馬場で

「お、こいつできるな」

と思われることまちがいなしのふざけた競馬用語集を作ってみました!

競馬ファン必見です!

福永リターン(ふくながりたーん)

福永騎手は日本人騎手の中では上位の成績です。

しかし、勝ち星のほとんどが平場(ひらば)と呼ばれる小さいレースになっています。

かなりいい馬に乗っているのでG1にたくさん騎乗しているのですが、いい結果をなかなか残せません。

ですが、G1で福永騎手が乗った後に別の騎手が乗るとあっさりG1を勝つということがよくあります。

これを競馬用語で「福永リターン」と言います。

特に外人ジョッキーに乗り替わったときに多いです。←馬券のポイント!

「福永リターン」の使い方
  1. G1で福永騎手を買い続ける
  2. 馬券が当たらない
  3. ほかの騎手に変わった時にその馬を買わない
  4. その馬が勝つ
  5. あなた「福永リターン!!!」

福永騎手をディスっているようですが、ぼくは福永騎手のことはめちゃ好きです。

ただ、ちょっとパンチがね。。。

闇騎乗(やみきじょう)

横山騎手(以下:ノリちゃん)は基本的にやる気がないので、いつも最後方からレースをします。

ノリちゃんが出ているレースでは、最後方にいる馬は確認しなくてもすぐにわかるというメリット(?)があります。

そして、そのまま最後方でレースを終えてからのノリちゃんのコメント

「馬は頑張っているよ」

までが闇騎乗の一連の流れです。

闇騎乗くらわないようにノリちゃんの馬券を買うときはくれぐれも気を付けてください。

対義語:神騎乗(かみきじょう)

神騎乗とは

「すばらしい騎乗で勝つこと」です。

そのままです。

ポップに”かみき”と言ったりします。

 

ふだん闇騎乗ばかりしているノリちゃんもまれに神騎乗をくり出してきやがります。

そういう時はだいたいちょっと力が足りない馬に乗っており、オッズもなかなかつくので余計に腹が立ちます。

100回の闇騎乗を1回の神騎乗で黙らせる。

それが横山典弘という男です。

うーん、やっかい。。。

タテ目(たてめ)

これは馬券がへたくそな人がよく使うやつです。笑

例えばあなたが1番の馬を軸に2.3の馬に流して馬券を買ったとします。

この場合、あたりの組み合わせは

  • 1-2
  • 1-3

です。

で、タテ目というのは2-3で決着して馬券を外すというパターンです。笑

これは痛い。。。

タテ目くらわなくなったら馬券が上達した証拠なので、このワードを使わないようになりたいものです。

G1のデムーロは神(じーわんのでむーろはかみ)

ミルコ・デムーロ騎手はG1で大活躍します!

2017年は歴代最多タイとなる年間GⅠ6勝を記録しました。

しかも、すべて違う馬で!!!

武豊騎手も同じ記録を持っていますが、ディープインパクトでGⅠ4勝と固め打ちした年に6勝を達成なので、これはすごい!

 

これだけ成績を残しているのに馬券を買う側の心理としては、買いたくない。

なぜならオッズが安いから!!!

で、こんな感じで使います。

「G1のデムーロは神」の使い方
  1. この馬はデムーロでもさすがに無理やろ・・・
  2. 勝っちゃう
  3. あなた「G1のデムーロは神!」
  4. わかった、思考停止してデムーロ買うわ
  5. 来ない
  6. あなた「・・・」

とにかく、G1のデムーロは神です。

G1単勝回収率は余裕で100%超えてます。

黙ってデムーロの単勝買っていれば儲かるのです。←馬券のポイント

まとめ

いかがでしたでしょうか?

馬券のポイントをおさえつつの競馬用語集にしてみました。

これで馬券も当たってワイルドなおじさんに一目置かれてあなたも競馬場の達人になることまちがいなしです!

それでは、競馬場でお会いしましょう!