【競馬】2000mと2400mは別物!距離のカテゴリーが変わってきた。

競馬の距離のカテゴリーを表す用語として「スプリント」や「マイル」というものがある。

また、長距離馬のことは「ステイヤー」と呼んだりもしている。

 

競馬の王道レースとしては2000mの天皇賞(秋)や2400mのジャパンカップという大レースが存在している。

このレースはだいたい同じような馬が出走するので、あたかも同じカテゴリーに分類されているように多くの人は感じていることだろう。

しかし、スプリント(1200m)とマイル(1600m)の間の400mに『距離の壁』が存在しているのに対して、2000mと2400mに距離の壁がないのかというと、そんことはないはずだ。

 

競馬の世界はどんどん進化していっており、現代競馬において2000mと2400mは別カテゴリーになっているのではないかと私は考える。

この記事では競馬の「距離区分(カテゴリー)」について考えてみる。

競馬の距離区分(カテゴリー)とは?

世界的には、実はすでに2000mと2400mは別カテゴリーに分かれている。

ワールドベストホースランキングを見ると、カテゴリーは下記のように分かれている。

※()の中は主なG1レース

S【Sprint】 1,000m~1300m (高松宮記念、スプリンターズS)

M【Mile】 1.301m~1,899m (安田記念、マイルCS)

I【Intermediate】 1,900m~2,100m (皐月賞、天皇賞(秋)、大阪杯)

L【Long】 2,101m~2,700m (日本ダービー、ジャパンカップ、有馬記念)

E【Extended】 2,701m (天皇賞(春)、菊花賞)

 

このように、2000mはIカテゴリーで2400mはLカテゴリーに分かれている。

SとMはスペシャリストが出てくる(Sはロードカナロア、Mはモーリス)ように、今後はIとLにおいてもスペシャリストが出てくるのではないか?

というか、すでに近い馬は存在しているのではないかと思っている。

 

例えば、シュヴァルグランなんかは典型的なLカテゴリーの馬である。

2017年の秋は2400mの京都大賞典3着→2400mのジャパンカップ1着→2500mの有馬記念3着と好成績を収めた。

しかし、翌年の始動戦2000mの大阪杯では惨敗を喫している。

このことからシュヴァルグランは間違いなくLカテゴリーの馬だろう。(長距離の天皇賞(春)も好走しているのでL~Eとも言えるだろう)

距離カテゴリーとレース選択

競走馬の生産から育成方法はどんどん進化していっている。

その過程で、調教師や騎手が競走馬が能力をフルに発揮できる”距離”がわかるようになってきた。

そして2000mと2400mが別カテゴリーとなってきた。

その馬に合ったカテゴリーのレースを選択するのが勝つためには重要だ。

 

例えばサトノダイヤモンド。

サトノダイヤモンドは2016年の菊花賞を勝って有馬記念を制し、長距離が主戦場だったことから2000mの大阪杯、2200mの宝塚記念では惨敗。

しかし、2400mの京都大賞典は完勝した。

このことから、サトノダイヤモンドの距離カテゴリーはL(Long)に分類されると言えるだろう。(もしくはL~Eカテゴリー)

 

サトノダイヤモンドの次走は当然Lカテゴリーの2400mのジャパンカップだ。

Iカテゴリー適性の高いスワーヴリチャード、マカヒキなどが出走する天皇賞(秋)に出走しないという判断は正しいだろう。

(もちろんノーザンファームの使い分けという意味で出ないという意味もあるだろうが。)

 

次にスワーヴリチャード。

この馬は春に2000mの金鯱賞、大阪杯を連勝して、適正外の安田記念では3着に敗れる。

前年の有馬記念(2500m)でも人気を背負って4着に負けている。

このことから、スワーヴリチャードの距離カテゴリーはI(Intermediate)に分類されると言えるだろう。

もちろん秋は2000mの天皇賞(秋)に出走予定である。

 

このような形で現代競馬では2000mと2400mを別のカテゴリーに分けて出走レースを選んでいるのは間違いないだろう。

京都大賞典は天皇賞(秋)のステップレース?

京都大賞典は天皇賞(秋)のステップレースとしての位置づけだが、私はジャパンカップのステープレースだと認識している。

理由は、京都大賞典がLカテゴリーのレースで天皇賞(秋)がIカテゴリ、ジャパンカップがLカテゴリになるからだ。

 

実際に、2016年の京都大賞典で優勝したキタサンブラックが次走のジャパンカップで優勝している。

2017年は京都大賞典で3着になったシュヴァルグランが次走のジャパンカップで優勝している。

したがって、今年優勝したサトノダイヤモンドはもちろんジャパンカップでは優勝候補の一角になるだろう。

カテゴリIの馬の秋のレース選択について

2000mの天皇賞(秋)のあとの王道路線としては2400mのジャパンカップと2500mの有馬記念になる。

したがって、カテゴリがIに分類される馬にとっては適正外になるので、厳しいレースになることが予想される。

しかし、レースの選択肢が国内だけでなく、海外にも広まったおかげで、Iに分類されている馬にも活躍できるチャンスが出てきた。

それが12月に行われる香港国際競走である。

 

香港国際競走は1200m、1600m、2000m、2400mのチャンピオンホースを決めるG1が1日の間に行われる。

それにより、カテゴリIの馬が2000mの香港カップという選択肢を選ぶことができるようになった。

実際に1800mと2000mにしか出走したことのないゴリゴリのカテゴリーI(Intermediate)に分類されるエイシンヒカリは2015年の香港カップで見事に優勝した。

まとめ

現代競馬において2000mと2400mそれぞれのスペシャリストがいるのは間違いない。

そこを見極めることができれば、各カテゴリーのレースでどの馬に重い印を打てばいいのかがわかるはず。

1200mのロードカナロアや1600mのモーリスのように、各カテゴリーのニューヒーローの誕生を楽しみにしたい。