バックパックでインドを旅して考えた、人生で一番大事なこと

もしスティーブ・ジョブズにあこがれているのなら

インドに旅すればいい。

さとぴ(@satoshi_tkg)です。

 

2012年の6月にインドを旅してきた!

この時のぼくはどうかしていた。

急にインドに行こうなんて。。。

 

憧れのスティーブジョブズの本を読んで

「俺もジョブズみたいになりてー!」

と思ったらもう動き出していた。

行動が速いのはいいことだ!

 

到着したニューデリーは

めちゃくちゃ熱い・・・

確実に40℃は超えている。

 

さっそくインドに来たことを後悔。。。

 

後悔してもしょうがないのでとりあえず

タージ・マハルのあるアグラへ。

 

タージ・マハルは想像を絶する美しさ。

見よ!

タージの美しさを!

 

ブッダが亡くなった菩提樹の場所に作られた

ブッダガヤにも訪問。

 

ガンジス川上流のリシュケシュも

美しかった。

 

インドの定番の飲み物ラッシーもうまかった!

 

インドというと

過酷なイメージを持つ人もいるかと思いますが

実際のところ

 

 

過酷です!w

 

 

体力に自信のない人には

絶対にオススメしません!

 

ただ、体力に自信のある人には

かなりオススメ!

旅のハイライト、ヴァラナシ

旅のハイライトはなんといっても

ガンジス川の流れる街、ヴァラナシ。

ガンジス川の事を地元の人はガンガーと呼ぶ。

 

 

ガンガーは全てを受け入れてくれる。

川には子供の死体が流れてくることもあれば

牛が体を洗っていたり

その下流では子供たちが水浴びをしている。

 

ここで死体を燃やしたりしている。

 

せっかくガンジス川に来たのだから

沐浴(もくよく)をしてみる。

 

ガンガーの水は想像以上に

ぬるぬる。。。

決して四万十川のような清流だと思って

入らないように!

※ちなみにぼくは四万十川に行ったことは無い。

 

水はかなり汚いので

インド人以外のひとが沐浴したあとは

下痢になったりするのが定番とのこと。

ただ、鈍感なぼくはへっちゃら!

お腹を壊しやすい人は

沐浴はさけたほうがいいでしょう。

 

その後は

現地の子供たちとガンガーで

水遊びを楽しんだ。

 

この後

ソッコーでシャワーを浴びたのは

言うまでもない。

 

宿泊していたホテルは

ガンジス川が一望できる

最高のロケーション!

 

悠久の時を流れる大河を前に

当時のぼくは

人生とはなにかを

考えていた。

インドを旅して考えた、人生で一番大事なこと

遥かなるインドを旅して

いろいろなことを感じたし

いろいろなことを教えられた。

 

『親は自分に命をくれた人だから

感謝するのは当たり前』

『お金は死んでも持って行けない』

 

 

中でも一番大事だと感じたのは

 

『今を生きる、今を楽しむ』

 

ということ。

 

仕事をしていても

週末の休みの事を考えたり

食事中にテレビに集中したり

となかなか『今、この時』を

生きていることが

少ないように感じている人も

多いはず。

 

でも、少なくとも

インドの旅をしていたぼくは

『今、この時』

を生きていた。

 

これからの人生

もっと今にフォーカスを当てて

充実した人生を歩んでいきたいと

改めて感じています。

 

自分の全く知らない異国に

1人で旅に出たことは

まだ若かったぼくを

ひとまわり成長させるには

十分な時間でした。

 

またいつか

いや、絶対に

インドにはもう一度行きます!

 

 

 

それはそうと

この旅をとおして

スティーブ・ジョブズに

近づけたというと

 

・・・

 

それは今もわからないまま。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です