東京発のICOトークンマーケットプレイス「ZILLA(ジラ)」が面白そう!

ども!さとぴです!

東京発のICOプラットフォーム「ZILLA」に注目しています。

「ZILLA」はICOにワンタッチでサクッと参加できるというのがウリのICOプラットフォームになります。

 

ZILLAとは?

ZILLAとはホワイトペーパーから抜粋するとこんな感じのものになります。

ZILLAは、統一された1つのプラットフォームで全てのICO案件の情報が閲覧・把握できる事を可能にしました。
E-TRADEやAnt Financialのようなプラットフォームが、株式市場を身近なものにしたことや、AlibabaやAmazonがオンラインショッピングを手軽にしたことと同様に、ZILLAは、シンプルなアプリを通して、ICO参加を身近なものにします。
アプリユーザーには、弊社の一定の審査を通過したICO案件の一覧表を提供します。
同時に、参加者がそれぞれのICO案件に関する十分な情報と知識を得た上で意思決定が出来るよう、充実した情報提供を行います。
また、意思決定された後は、ワンタッチでそのICO案件に参加する事ができます。

要は、ZILLAにICO情報を集約して、そこから好きなICO案件にワンタッチで簡単に参加できますよってやつ。

今後ICO案件がとんでもない数になってくるので、これはかなり便利なサービスです。

 

ZILLAアプリは12月にリリースとのこと。

で、ICOをチェックして実際に参加するまでの流れはこんな感じ。

 

めっちゃシンプルでわかりやすいですね。

支払方法も見た感じビットコインやイーサリアムが使えるので特に問題なさそう。

 

ZILLAのトークンセールは事前登録制になっているので、スタートダッシュを切りたい方はこちらからどうぞ。

 

ZILLAは東京発のICOプラットフォームになるので期待しています!

 

ZILLAの登録方法

ZILLAの登録を行う際には下記のような画面が出てきます。

 

新規パスワードまでは簡単にわかるかと思います。

問題は

  • イーサリアム・アドレスに参加中
  • あなたの上限金額

です。

「イーサリアム・アドレスに参加中」にはあらかじめMyEtherWalletなどで自分のアドレス(「0x」で始まるもの)を準備しておく必要があります。

「あなたの上限金額」はぶっちゃけ何でもいいので”1″にしておきました。

 

これで登録完了!

あとはトークンセールが開始されるのを待つのみ!

 

今後の予定

今後の予定としてはトークンセールが10月末に開始。

ZILLAアプリのリリースが12月の予定。

 

2018年7月にはAPIがリリースされるとのこと!

 

自分のビジネスの決済が仮想通貨になれば一瞬で振り込まれるので非常に魅力的だと思っています。

ZILLAを使えば、これからビジネスがますます加速するでしょう!