eSportsの仮想通貨「Gimli(GIM)」に投資してみた!

ども!さとぴです!

おもしろそうな仮想通貨を発見したのでさっそく投資してみました。

その仮想通貨の名前は「Gimli」

ティッカーシンボルはGIMです。

この記事ではGIMがどんな仮想通貨で、ぼくがなぜ投資したのかを紹介します。

Gimliとはどんな仮想通貨なのか?

GimliはeSportsのプラットフォームの仮想通貨です。

「eSportsってなに?」って思ったかもしれません。

eSportsというのはエレクトロニック・スポーツのことです。

何人かのプレイヤーが対戦するゲーム大会みたいなものと思ってください。

わかりやすく例えると、スマブラ大会をスポーツ大会としてやる競技のことです。

で、GimliはeSportsファンによるeSportsファンのための仮想通貨です。

具体的には

  • 視聴者が参加するベット(賭け)のシステム
  • 動画配信者の配信システム

この2つをメイン事業にする仮想通貨になります。

なぜGIMに投資したのか?

ぼくがなぜGIMに投資したのかをお話しします。

価格が安い!

Gimliはまだ草コインといえるほどの価格です。

1GIM=0.0000329ETHくらいです。円でいうと4円くらい。

なので、10000GIM仕込んでやりました。

価格が上がるのがめちゃくちゃ楽しみです!

EtherDeltaにしか上場していない

GIMはマイナー取引所であるEtherDeltaにしか上場されていません。

仮想通貨はたくさんの取引所に上場されると価格が高騰する傾向があります。

実際、大手の取引所であるBinanceに上場が発表されて高騰した仮想通貨はけっこうあります。

今後もこの傾向が続くと思われるので、この段階で仕込んでおきました。(ここ大事!!!)

 

まあ、このまま一生EtherDeltaだけの可能性もあるんですけどね。笑

eSportsの市場規模がどんどん伸びている

eSportsの世界の競技人口は5500万人以上!

イタリアの人口が6000万人くらいなので、かなり多いです。

そして、3億8000万人ものユーザーがオンラインでeSportsを見ています!!!

3億8000万人ってアメリカの人口より多いです!

それくらいの市場規模があります!!!

この人たちがGimliを使いだせば価格が爆上げ間違いなしですよ。

ARとかVRとも親和性が高そうなので、今後も期待できます。

GIMの今後の動き

GIMは今後のロードマップとしてはこんな感じ。

これからベータ版のプラットフォームを出してウェブのアプリを出していく予定です。

今後の動きにも注目していきたいと思います!

 

GIMはEtherDeltaで購入できます。

ただ、GIMが上がるかどうかわかりませんので投資は自己責任で!