仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が閉鎖するってホント?

ども!さとぴです!

中国の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が取引量世界No.1になりました。

さらにどんどん取り扱いコイン数が増えていっています。

個人的には仮想通貨取引所の中ではBinanceが一強かなと。

「いやいやなんでBinanceが一強やねん!」

って思うかもしれませんが、使いやすいし手数料安いし日本語対応してるし最高ですよ!

 

ですが・・・

 

Binanceが閉鎖するかもしれないという噂があとをたちません。

閉鎖されると自分の仮想通貨が引き出せなくなっちゃいます。

でも、結論から言ってBinanceは安全です!

というわけで、さっそくBinance登録どうぞ!

 

では、なぜBinanceに閉鎖の噂がでてくるのでしょうか?

中国がなぜ取引所を閉鎖させるのか?

その噂の真相を知るにはまず中国政府の考えを知る必要があります。

中国人が使っている通貨は「人民元」という通貨です。

中国では人民元を国外に持ち出すことが禁止されています。

国外に持ち出せないならどうすればいいか?

ここで登場したのがビットコイン!

ビットコインは安い手数料でかんたんに海外に送金することができます。

それから人民元をビットコインに替えて国外に送金するということを資本家の一部がやり始めました。

そうなると中国政府としては間接的に人民元が海外に送られることになります。

そんなことはさせるかと中国政府はビットコインを禁止する動きを開始!

仮想通貨取引所を閉鎖に追いやりました。

中国の取引所がどんどん海外に移転

閉鎖をくらった取引所がどうするか?

回避策としては中国政府の手の届かない海外に移転する方法があります。

移転先としては香港やシンガポール。

そして日本です。

日本は仮想通貨の法律がきっちりしているので、進出しやすいんでしょうね。

Binanceは日本に進出

Binanceはなんと日本に進出を開始しています!

すでに東京都港区にオフィスがあるようです。

もし日本に本格的に進出するのであれば、次のステップとして仮想通貨交換業登録を金融庁に申請するはず!

日本で事業ライセンスを取得すれば中国政府に規制されることもなくなります。

なので、Binanceにはさっさと仮想通貨交換業登録をしてほしい!

結論:Binanceは閉鎖されない

なんだかんだ言って中国も国営で仮想通貨取引所を作ったりしています。

つまり、中国政府も仮想通貨を容認するようになってきたってことです。

この流れならBinanceや他の中国系の仮想通貨取引所もしばらくは安泰ってこと。

なので、安心してBinanceで仮想通貨をトレードしてください!

Binanceはメールアドレスさえあれば登録できます。

 

Binanceの詳細についてはこちらの記事にまとめています。

その実力とくとご覧あれ!

あわせて読みたい

【まとめ】中国の仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」のメリット・デメリットを徹底紹介!