バンコク旅行のおすすめスポット(観光・ごはん・ショッピング)を徹底紹介!

ども!さとぴ(@satopi0630)です!

 

5泊6日のバンコク旅行に行ってきました。

成田からの往復の飛行機代が37,500円と格安で取れました。

 

バンコクはタイの首都で、東南アジアの中でもかなり成長している街になります。

東南アジアに旅行に行くときは、セブ島やバリ島といったビーチリゾートによく行くのですが、今回は海のないバンコクをチョイスしてみました。

ビーチリゾート至上主義のぼくが海のないバンコクに行った結果・・・

 

 

さとぴ
めっちゃめちゃエンジョイしてきました!

 

 

バンコクはごはんがおいしいし、観光スポットや買い物スポットも充実しています。

しかも、めちゃくちゃ物価が安いのです。

さらに街がコンパクトで、すぐに行きたい場所にタクシーですぐに移動できます。(タクシーも激安)

夫婦2人で3万円で十分楽しめました。

また、寺院がある伝統的なエリアと高層ビルが立ち並ぶ栄えているエリアの対比が鮮やかで魅力的です。

 

この記事ではバンコクの魅力をあますとこなく紹介します。

かなり長い記事になるので、目次から見たい部分にとんでもらって、そこだけ見てもらってもぜんぜん大丈夫です。

バンコクに行こうと思っている人はもちろん、バンコクに旅行中でこれからどうしようか迷っている人にも参考になるかと思います。

さとぴ
バンコクの魅力を全力で紹介します!

定番の寺院巡り。ワット・ポーとワット・アルン

バンコクに来たらまずはお参りから。(と、昔バンコクに住んでいたぼくの友人が言っていました。)

というわけで、まずはワット・ポーとワット・アルンにお参りに行きました。

 

ワットポーにはプラー・アーティット船着き場からチャオプラヤー・エクスプレス・ボートで行きました。

最初乗り方がぜんぜんわからなかったのですが、まずおばちゃんからチケットを買って、ボートが来たら乗り込むって流れでした。

 

で、ワットポー最寄りのター・ティアン船着き場をまさかのスルーだったので、その一個先のラーチニー船着き場から上陸。

ボートの乗り方わからなかったり船着き場をスルーされたりとトラブル続きで疲れたので、とりあえずお茶しました。

ワットポーの南側入り口の近くにある『elefin coffee(エルフィンカフェ)』でお茶しました。

エルフィンカフェはタイ北部の最高級のコーヒーが楽しめるお店です。

あわせて読みたい

ワットポーから徒歩3分のカフェ『elefin coffee(エルフィンカフェ)』でタイの最高級コーヒーはいかが?

 

ぼくはコールドブリューを頼みました。

 

バンコクは暑いので、冷たいコールドブリューは体にしみました。

 

お茶をしていよいよワット・ポーへ。

ワット・ポーの入場料は100バーツ(350円くらい)になります。

 

ワット・ポーは中がけっこう広くて迷いました。

たくさんの仏像があってすごいです。

 

ワットポーのメインは全長46mの「寝釈迦仏」になります。

さすがに46mはデカい。

 

足の裏は真珠貝で作られていて、いろいろな絵が描かれています。

 

なお、ぼくが行った日は本堂は見れませんでした。残念・・・

 

ワット・ポーを楽しんだ後はいよいよワット・アルンへ。

ワット・アルンへはワット・ポー近くのター・ティアン船着き場から直行便が出ています。

 

ワット・アルンは夜になるとライトアップできれいに見れるのが有名です。

入場料は50バーツ(150円くらい)で、中の仏塔には上ることができます。

 

夕方のワット・アルンは幻想的です。

 

ライトアップされたワット・アルンはこんな感じ。

 

さとぴ
バンコクに来たら寺院観光はマスト!

バックパッカーの聖地カオサン通り

カオサン通りは昼はおとなしい雰囲気なのですが、夜になるとがらっと雰囲気が変わります。

屋外のクラブみたいな感じ。

ガンガン音楽がかかって、みんな踊り狂ってます。

 

屋台がそこら中にあるので、食べるのにはぜんぜん困りません。

とりあえずパッタイを食べました。たしか40バーツ(140円)くらい。

 

屋台のほかにビールもそこらで売っていますが、ビールはカオサン通りにあるセブンイレブンで買ったほうが安いです。

 

カオサン通りはこんな感じでカオスな雰囲気ですが、一本となりのランブトリ通りは少し落ち着いた雰囲気です。

 

いろいろお店でバンド生演奏をやってます。

見た感じコールド・プレイを演奏しているところが多かったです。

 

ランブドリ通りの入り口付近にも屋台がめっちゃあります。

 

さとぴ
カオサン通りの夜はアツい!

うますぎるタイ料理。おすすめのお店紹介

タイ料理は基本的に量が少なめなので、数人で行くならいくつか注文してシェアしてたくさん種類を食べるといいでしょう。

ただ、辛いのが多いので、お腹を壊さないように注意。

ここではぼくがおいしいと思ったお店をいくつかピックアップして紹介します。

トムヤムクン・バンランプー

カオサン通りのとなりのとなりのバンランプー通りにある『トムヤムクン・バンランプー』

その名の通り看板メニューはトムヤムクンです。

ここのトムヤムクンはバンコクNo.1の呼び声が高いです。

 

エビがたくさん入っていてたった150バーツ(520円くらい)。

スープはエビの出汁がきいていて濃厚でうまい。

辛すぎないのも日本人に合っています。

 

トムヤムクン・バンランプー

営業時間:9:00~20:00

定休日:日曜日

住所:Kraisi Road, Talat Yot, Khet Phra Nakhon, Bangkok, 10200

クイーン・オブ・カレー

シーロムエリアにあるカレーの名店クイーン・オブ・カレー。

オーナーはイギリスのカレーコンテストで優勝している腕前です。

 

タイカレーといえばグリーンカレーです。

こちらのグリーンカレーはややマイルドなので、辛いのが苦手な人でもぺろりとイケちゃいます。

 

また、マッサマンカレーもおすすめです。

こちらはシチューみたいで辛さはグリーンカレーよりさらにマイルドになっています。

本格マッサマンカレーをぜひ食べてみてください。

 

グリーンカレーもマッサマンも170バーツ(600円くらい)です。(ライスは30バーツ)

 

クイーン・オブ・カレー

営業時間:10:00~22:00

定休日:なし

住所:49 Charoen Krung Rd.,Soi 50 Bangrak,Bangkok 10500 Thailand

 

あわせて読みたい

【バンコク】シーロムエリアでグリーンカレー食べるならここ!おすすめ2店を紹介

ピンクのカオマンガイ

ピンクのカオマンガイこと『コーアン・カオマンガイ・プラトゥーナム』。

サイアムのビッグCの近くにあるこのカオマンガイ店はタレのショウガがめちゃめちゃ効いてて超うまいです。

しかもたった40バーツ(140円くらい)で食べれちゃいます。

 

人気店なので行列ができますが、回転が早いのでそんなに待たなくても食べられます。

サイアムエリアで買い物していてお腹が空いたらぜひ行ってみてください。

 

コーアン・カオマンガイ・プラトゥーナム

営業時間:6:00~14:00,17:00~2:00

定休日:なし

住所:960 962 Phetchaburi Rd, Khwaeng Makkasan, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400

バーン・パッタイ

シーロムエリアでパッタイを食べるならバーン・パッタイがおすすめです。

ここのは進化系パッタイのお店で、定番のエビではなくガイヤーン(チキン)がトッピングされています。

 

ガイヤーンとパッタイが見事に融合していておいしいです。

サパーンタクシン駅から徒歩5分くらいなので、シロッコのスカイバーに行くついでに寄るコースにいいでしょう。

 

バーン・パッタイ

営業時間:11:00~22:00

定休日:なし

住所:21-23 Charoen Krung Soi 44, Bangkok

バンコクの夜遊びはシーロムエリアがアツい

バンコクの夜はカオサン通りがエンドレスで盛り上がっていますが、シーロムエリアも夜遊びがアツいです。

ぼくが行ったのはアジアティークとルーフトップバーです。

両方ともBTSサパーンタクシン駅から行けます。

夜遊び①アジアティーク

大きな観覧車、ショッピング、食事が楽しめるのがアジアティークです。

いわゆるナイトマーケットになります。

サパーンタクシン駅を降りたところにある船着き場から無料シャトルボートが出ているので、それに乗っていくのがいいでしょう。

オープン時間は16時~0時まで。

 

かなりおしゃれなスポットになっています。

シャトルボートから見たアジアティークはこんな感じ。

 

中はお店が所狭しと並んでいます。

イメージはみたいな感じです。

イケてるTシャツ屋さんとかありました。

個人的にはお土産はスーパーやドイカムショップで買うのが十分かなと思います。

夜遊び②シロッコのスカイバー

バンコクの夜遊びで一番楽しいのは間違いなくルーフトップバーです。

ぼくは世界で一番高い場所にあるルーフトップバーにいってきました。

ルブアアットステートタワーにあるシロッコのスカイバーです。

あわせて読みたい

バンコクの『シロッコ』は高さ世界一のスカイバー!極上の時間が過ごせます。

 

さすがに世界一の高さだけあってバツグンの眺めです。

 

カウンターも色がどんどん変わっていっていって幻想的な雰囲気を演出しています。

 

雰囲気よし。眺めよし。音楽よし。風よしで最高のひと時が楽しめるのは間違いないです。

 

料金は2人でマティーニ1杯ずつ飲んで6000円オーバーでした。笑

ちなみに2日連続で行ったので、合計12000円このバーで払いました。

 

さとぴ
スカイバーはマジで雰囲気よくて最高でした。思い出はプライスレス!

お土産を買うならサイアムエリアのスーパーがおすすめ

バンコクのお土産を買うならサイアムエリアのスーパーがおすすめです。

あとはBTSラチャティーウィー駅にあるタイの王室プロジェクト(ロイヤル・プロジェクト)の商品が売っているドイカムショップがおすすめです。

タイの国民的スーパー『ビッグC』

バラマキ土産を買うならビッグCは外せません。

 

BTSチットロムが最寄り駅になります。

お土産を買う時間があまりないなら、とりあえずここにいけばOK。

マジでなんでもあります。

 

土日はけっこう混むので、できれば平日に行くのがおすすめです。

 

さとぴ
ビッグCの近くには先ほど紹介したピンクのカオマンガイもあるので、そちらもぜひ行ってみてください。

セントラル・ワールド・プラザやサイアム・パラゴン内のスーパー

サイアムエリアにはほかにもセントラル・ワールド・プラザやサイアム・パラゴンが近くにあるので、そこのスーパーで買うのもありです。

セントラル・ワールド・プラザはめっちゃでかいショッピングモールでビッグCの目の前にあります。

壁一面がスクリーンになっていて、ずっと広告が流れていてすごいです。

 

中にあるスーパーはセントラルフードマーケットです。

 

おすすめお土産は「ブルーエレファント」というタイ料理のクッキングセット。

もちろんビッグCにもありますが、こっちのほうが品ぞろえが多かったです。

 

続いてはサイアム・パラゴンです。

こちらはBTSサイアム駅直結です。

 

中にあるスーパーはグルメマーケットです。

 

スーパーによってはマンゴージュースとかポメロジュースが安くなっているので、そこを探して買うのがいいです。

 

とはいえ、数バーツの節約のために歩き回るのはバカらしいので、時間がない人はビッグCだけでも十分です。

タイの王室プロジェクト商品が買える『ドイカムショップ』

タイ土産といえばタイの王室プロジェクト(ロイヤル・プロジェクト)のアイテムです。

こちらは質の高い商品がたくさんそろっています。

 

先ほどのスーパーにもあったマンゴージュースやドライマンゴー、ハチミツがあります。

ドライマンゴーはスーパーと違って小さいサイズのものがあるので、バラマキ土産におすすめです。

 

先ほど紹介したビッグCなどのスーパーにも王室プロジェクトの商品は売っていますが、ジュース以外は品ぞろえが悪いので、こちらで買うのがおすすめです。

 

ドイカムショップの詳細についてはこちらの記事にまとめているので、ご覧ください。

あわせて読みたい

ドイカムショップでタイのロイヤルプロジェクトのお土産を買おう

タイの雑貨を買うならチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

土日になると、BTSモーチット駅の近くでチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットが開催されています。

 

モーチット駅最寄りの入り口はこんな感じですが、ほかにも入り口がたくさんあります。

しかも中はめっちゃくちゃ広いので、位置情報を把握するのに苦労します。

こちらの入り口から入って右に進むと大きい入り口があるので、そこで地図をもらうといいでしょう。

 

キレイな傘が道に飾っていました。

この道の両サイドにはお店がびっしりです。

 

マーケットには雑貨やTシャツなどお土産屋がたくさんあります。

雑貨はタイシルクのクオリティーが高そうだったので、いいのを探してみてください。

アート作品とかもたくさん展示してあるのでそちらも時間があれば見てみるといいかと思います。

 

お腹が空いたら奥にフードコートみたいなところがあるので、そこでご飯が食べられます。

 

パッタイとガパオライスを頼んだのですが、リーズナブルでめっちゃうまかったです。

コーラも頼んで200バーツ(700円)もしなかったはず。

バンコク最高!絶対に一回は行くべき

バンコクめっちゃ栄えてますね。

とくにシーロムエリアはどんどん開発が進んでいるみたいです。

今建設中の『マハナコン』が完成したら世界一高いルーフトップバーはこっちになりそうです。

 

これからのバンコクの発展から目が離せません!

いまはまだ物価が安いですが、物価が上がるのは時間の問題かもしれません。

行くならいま!

 

ちなみにぼくは5泊したのですが、現地で使ったお金はかなり少ないです。

3万円くらいです。(そのうちの12000円がスカイバー)

低予算でガッツリ海外旅行を楽しみたい人にバンコクはかなりおすすめです。

 

最後にぼくが思うバンコクのいいところをあげます。

・エアアジアで4万円弱で往復できる

・ごはんが安くておいしい

・タクシーがめちゃくちゃ安いので気楽に乗れる

・コンパクトシティなので観光や買い物がしやすい

・歴史と新しさが融合した雰囲気がいい

 

マジでバンコク最高です。

ぜひ一度はバンコク旅行に行ってみてください。

さとぴ
またタイに行きタイ!