『モバイルボヘミアン』とは自由を手に入れられる究極の生き方である

 

私はビジネス書をよく読むのだが、そのきっかけになったのが本田直之氏の「ノマドライフ」である。それからはたくさんのビジネス書を読んできた。

その中で「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」という本に出会い、四角大輔氏の存在を知ることになる。

それから彼らの著書はたくさん読んできた。

 

その本田直之氏、四角大輔氏の新著「モバイルボヘミアン」が出るということで、楽しみにしていた。内容はもちろん非常に満足するものであった。

本日は「モバイルボヘミアン」の内容をまとめる。

あなたの人生を変えるきっかけになれば幸いである。

 

モバイルボヘミアンとは

 

本田直之氏は著書ノマドライフにてノマドワーカーという新しい働き方を提唱してきた。2012年の頃だ。

 

仕事と遊びの垣根のない、世界中どこでも収入を得られるノマドビジネスを構築し、2カ所以上を移動しながら、快適な場所で生活と仕事をすることでクリエイティビティや効率性、志向の柔軟性が向上し、それがいいスパイラルとなるライフスタイル。

出典:ノマドライフ

 

2017年になった今、このノマドワーカーという働き方が一般的になりつつあるが、その言葉は陳腐化している。

カフェで仕事をする、オフィスにいかずに仕事をする人=ノマドワーカーという認識が広まっているからだ。

そしてそのノマドワーカーより、もう一段階自由なライフスタイルをモバイルボヘミアンと呼ぶ。

 

ノマドワーカーを「どこにいても仕事ができる人」とするならば、モバイルボヘミアンはそこに加えて、「仕事とプライベートの境がなくなってきている状態」を指す。旅するように生き、だれにも縛られずに自由に生きていける、究極の生き方と言えるだろう。

 

言うなれば、遊びと仕事の垣根がない生き方だ。人からすれば遊びと思われることが仕事になったり、仕事と思われることが遊びになったりするような生き方だ。

つまり、生きている時間のすべてを自分の時間として取り戻すことができる生き方のことをモバイルボヘミアンというのだ。

 

個人として自由に働く時代の到来

 

これからの時代はなぜモバイルボヘミアンなのか?

それはiPhoneをはじめとしたモバイルテクノロジーの出現により、いつでもどこでも仕事ができるようになったからだ。

それにより、1つの会社に勤め、その会社からだけ給料をもらうという働き方が終わりを告げようとしている。

これからは個人が集まったプロジェクト単位で仕事が進んだり、個人でネットショップを立ち上げたりブログで稼ぐという働き方が出てくる。つまり、複数の収入源がある働き方がスタンダードになろうとしているのだ。

自分の勤めている会社からだけしか報酬が得られないと倒産してしまった際、いきなり収入が0になってしまう。しかし、複数から収入があると、ひとつの収入源がなくなったとしてもカバーできることがメリットになる。

したがって、これからは学歴よりもモバイルテクノロジーを使いこなす力、すなわちモバイルリテラシーが重要になってくる

 

モバイルボヘミアンになるには

 

では、モバイルボヘミアンになるにはどうすればいいのか?

この章ではいよいよそのことについて述べていく。

 

「好き」を徹底追求する

最初にまずは「好き」をとことん追求することだ。四角大輔氏はフライフィッシングが好きで、週末はよくフライフィッシングに出かけた。

フライフィッシングをやりながら、フライフィッシングの雑誌などマニアックメディアに寄稿したり、ツイッターなどのSNSで情報を発信。フォロワーを増やしていく。

そうするうちにメジャーなジャンルのメディアに出演するようになり、仕事の依頼が増え、SNSのフォロワーもどんどん増えてくる。

そして、四角大輔氏は現在ライフスタイル企業のアドバイザーや、フィッシングアパレルの商品開発など、たくさんの仕事に携わっている。

 

このように、まずは自分の好きなことを追求し、雑誌などに寄稿したり、SNSで情報発信していくことが大切だ。

 

ミニマム・ライフコストを把握する

好きを追求して仕事が増えてきたら、あとはもう勇気を出して飛び出してみるのみ。

だが、その前にひとつ考えて欲しいのがミニマム・ライフコストである。

 

ミニマム・ライフコストとは、ぼくがつくった概念で「自分や家族が健康的に生活するために必要な最低限のお金」のこと。

 

これを把握しておけば、たとえ収入が落ちたとしても、アルバイトでもなんでも最低限の金額を稼いで生きていけることがわかる。

また、自分の生活がいくら稼げば成り立つのかを知っておくことで、余計な仕事をしなくてすむ。つまり、ミニマムライフコストを知ることで、自由なライフスタイルを実現できるようになるのだ。

 

まずは数年やってみる

なによりも大切なのは動くこと。動かなければなにも変わらない。

もしかしたら理想のライフスタイルを手にするのには時間がかかるかもしれない。でも、それについては安心して欲しい。

なぜなら、本田直之氏も四角大輔氏も最初から上手くいったわけではないからだ。何年もトライアンドエラーを重ねていまのライフスタイルを築いたのだ。

彼らがこのライフスタイルを築くのに数十年かかったが、いまではモバイルテクノロジーの発展により、数年で実現することも可能な時代が訪れている。

 

今をもがいているあなたへ

 

もしあなたが、自分の好きなことがわからなかったり、いまの生活に不満があるのなら、本書をオススメしたい。

なぜなら、自分の好きなこと、やりたいことを追求し、時間や場所に囚われない自由な生き方を手にできるチャンスだからだ。

この本には最高の人生を手に入れる大いなるヒントが盛り込まれている。

この本を読んで、一歩踏み出すことから始めてみよう。

自由に目覚めるのは今、この時だ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です