【失敗しない婚約指輪の選び方】ポイントはダイヤモンドの4Cにある

 

ども、さとぴです。

恋人にプロポーズしてOKをもらったら、いよいよ婚約指輪探しですね。

婚約指輪探しってわくわくしますけど、めちゃくちゃ迷うと思うんです。

ぼくもめちゃくちゃ迷いましたが、運命の指輪を見つけることができました!

 

そんな僕も婚約指輪を探し始めた頃はこんな状態でした。

  • 婚約指輪を選ぶ基準や選び方が分からない
  • なによりも婚約指輪選びで失敗したくない
  • ダイヤモンドの4Cってなに?

 

この記事では失敗しない婚約指輪の選び方を紹介するので、上記の悩みのある方は必見です!

記事を読み終わった頃には、自信をもって「これだ!」と思える婚約指輪を選んでもらえるはずです。

 

それではいってみましょう!

 

ダイヤモンドの4Cとは

 

婚約指輪を選ぶ際の最低限の知識として、ダイヤモンドの4Cは押さえておく必要があります。

なぜなら、この4Cの評価をもとに婚約指輪の値段が決まるからです。

 

ダイヤモンドの4Cとは

  • カラット/重さ
  • カット/プロポーション
  • クラリティ/透明度
  • カラー/色

の4つのことです。

 

カラット/重さ

カラットはダイヤモンドの大きさではなく、重さのことです。

1カラット=0.2グラムで重くなればなるほど希少価値が高くなります。

 

カット/プロポーション

カットはダイヤモンドのプロポーションのことです。

ふだん目にするダイヤモンドはカットが施されて、輝きを放ちやすいようになっています。

なかでも、カット・対称性・研磨の状態それぞれが最上級のエクセレント評価を受けたダイヤモンドはトリプルエクセレントと呼ばれます。

 

トリプルエクセレントのダイヤモンドにはハート&キューピッドという模様があらわれます。

専用のスコープで見ると上からはキューピッドの矢、下からはハートが見えるというとてもロマンティックな現象です。

 

【キューピッドの矢】

 

【ハート】

 

このハート&キューピッドが見えるダイヤモンドは入ってきた光を理想的に屈折させ、強い輝きを放つのです!

 

クラリティ/透明度

クラリティはダイヤモンドの透明度のことです。

不純物が少ないほどダイヤモンドの輝きが増し、不純物が多いと輝きが悪くなってしまいます。

 

カラー/色

ダイヤモンドは実は少し色がついているもので、無色透明なほど評価が高くなります。

 

この4つのCを総合的に評価してダイヤモンドの価値(=値段)が決まります。

 

婚約指輪の選び方

 

いよいよ本題の婚約指輪の選び方です。

婚約指輪はまずダイヤモンドを選んで、次にダイヤモンドを留める爪の本数、リングのデザインを決めます。

そして一番大事なのがダイヤモンドの選び方です。ダイヤモンドさえ決まればあとはもうすっと決まります。

 

ダイヤモンドは4Cの優先順位を意識して選ぶ

まずはダイヤモンドの選び方から。

ダイヤモンドを選ぶ際は、実際の大きさよりも大きく見せるダイヤモンドを選ぶという観点で探します。

カラットを重視したいという気持ちはわかりますが、カラットを重視すると予算によっては他の3要素を犠牲にすることになり、結果見栄えの悪い婚約指輪になってしまいます。

大事なのは4Cの優先順位です。

 

4Cの優先順位を発表する前に、4Cの評価をまとめた表を載せておきますので、こちらをまずはご覧ください。

出典:ブリリアンス+

 

それでは、4Cの優先順位を発表します!

4Cはこの順番がベスト!

  1. カット
  2. クラリティ
  3. カラー
  4. カラット

ダイヤモンドの輝きにダイレクトに影響してくるのがこの順番になります。

なぜダイヤモンドの輝きにここまでこだわるかというと、カットやクラリティの評価が高いとダイヤモンドの輝きが大きくなり、結果、実際のダイヤモンドのサイズよりも大きく見えるようになるからです。

カラットを少し犠牲にしても、カットやクラリティの評価にこだわりるのがポイントです!

 

選び方としては、クラリティ=VS2、カット=トリプルエクセレントは最低ライン!!!

あとはできればカラー=Gもほしいですね。

その後に予算に合わせてカラットを決めればOKです。

カラットにこだわりがなければ、カラー=Gにして予算の範囲内でカラットを決めましょう。

 

爪の本数は4本?6本?

ダイヤモンドを決めたら次はダイヤモンドを留める爪の数を決めます。

爪は4本あるいは6本です。

たった2本の差ですが、リングの雰囲気がぐっと変わります。

 

4本爪:ダイヤモンドが四角く見えて落ち着いた雰囲気になる

6本爪:ダイヤモンドの輝きを最大限に発揮する形で、まさに婚約指輪の王道

 

おすすめはやはり6本爪です!

ダイヤモンドが丸く見え、素晴らしい輝きを放ちます。

 

リングのデザインは結婚指輪との重ね付けを意識する

リングのデザインは大きく分けて2つ。

ストレートラインとウェーブラインになります。

下の図の左がストレートラインで右がウェーブラインです。

出典:ブリリアンス+

 

もし婚約指輪に結婚指輪を重ねたいというのであれば、断然ストレートラインをおすすめします。

シンプルなデザインの方が重ねたときによりよく見えます。

個性的なデザインがいいなという方は、ぜひウェーブラインにチャレンジしてみてください!

 

ブライダルリングはブランドよりダイヤモンドで選ぶ

最初にも述べましたが、婚約指輪は一生に一度の買い物で高価な買い物になるので必ず妥協せずに「これだ!」と思えるものを選びましょう!

とくに大事なのはダイヤモンドです。

素敵なダイヤモンドと巡り合えたらそれは運命です。

ぼくも奥さんと何軒もお店を回って運命のダイヤモンドを見つけました。

 

次はあなたの番です!

すばらしい婚約指輪に出会えるよう祈っています!

 

【あわせて読みたい】

結婚指輪でお悩みなら銀座ダイヤモンドシライシが超鉄板!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です